あと40ねん

社会人になりました

就活の総括

なんやかんや無事に終わることができました就職活動

ここまで精神的に来るものだとは思ってなかったですね笑

そんな感じなのでこれまでを振り返ろうと思います。

思い出思い出

 

1月

1dayインターンなるものに参加した。

性格検査の結果もらったのと、メラビアンの法則を知った。

モチベはまだ可もなく不可もなく

 

2月

就活対策講座的な奴が学校で始まりだした。

講師がどうも苦手な感じだった。

何回か話したけどずっと苦手だった。

1dayインターンという名の説明会大杉

 

3月

・就活サイトオープン

・目に止まった企業をなんとなくプレエントリーしてみたりしていた。

・説明会が盛んだったので興味ある業界と事業内容が面白そうなところに参加した。ああ始まったんだなあと実感した。

・知らないところで他研の奴は内定もらってたらしい。

 8月解禁とは何かと考えさせられる。

・研究室の後輩が決まる。なんだか真面目そうな印象を受けてた。その通りだった。

・対就活のモチベーションは最高潮だった

 

4月

・ESと説明会とテストセンターがラッシュだった。はげそうだった

・初めてESの添削をしてもらった。早く見てもらえばよかったと思ったけど苦手だわ

・手帳見たら1日2個説明会とか選考に参加しててああ元気だったなあとしみじみ

・後輩に指導してみるもどうにもレスポンスが微妙だなあと感じた

・この時期にタイピング速度がレベルアップした気がする。

 

5月

・安定してESは通りだす。

・岐阜のほうに小旅行したり楽しかったなあ

・友人たちの間で内定出た的な話が早くも出始めるので焦る。

・初めての面接があった。つかみどころのない奴だなあと自分で思った。

・中旬に左側顔面麻痺が発症。とても落ち込んだ。

 ステロイドが正直しんどかったしニキビも大量に生成していた。

 粉体工学会にも出たかった。

・朝学ナビにお祈りが来ていたので速攻アカウント消してやった。

・麻痺のまま初めてのGWした。案外何とかなるねと思った。

・推薦を出すことを決意

 

6月

・難しい筆記試験と超アバウトな課題のGDをした。就活っぽくなってきた

・面接でその場で次来てねと言われてテンション上がってたら本命からお祈り来てて新幹線で萎えた。

・ただでさえ少なかった持ち駒が2つになり、エントリーをちょっと増やす。

・学会発表をした。金沢観光だったもう一度行きたい。海鮮丼うまかった。

f:id:uselesslowo:20150822234310j:plain

・面接が案外すんなり通るので2次と最終をふわっと受けた。落ちた笑

・モチベがもう0に近かった。早く研究しないとなあと思ってた。

 

7月

・お祈りが2連続できたのでかなり落ち込んだ。

・持ち駒1個でまずいと思ったのでエントリー増やした。興味ある業界はことごとくエントリー締め切ってたので泣きそうだった。

・就活自殺するやつがいるのもわかる気がした。

・志望動機書けないぐらいにモチベがなかった。

・面接なんで落ちたんやろと聞きにキャリセンいったら、よくこんなESで通ったなとか回りくどいとかさんざんに言われた。メンタルがやられていたのがさらにやられた。

・モチベが負の値に落ち込んだ状態で面接に臨みさんざんだった。しかし、なんか知らんが通った。自信もってねと人事に言われてなんか救われた。

・自分の弱みが根本的に自信がなさすぎることが判明した。どうしようもねえなと思った。

・説明会も少なくなってきて派遣の研究員についてちょっと調べたりした。

・後輩が指示待ち人間過ぎて腹が立つも自分もしっかり指導できてないなあと思ったので我慢。

 

8月

・二次に通ったものの携帯が壊れたので機種変した。

・最終面接をうけた。しゃべりやすい会社だった。

・お盆までに連絡が来なかったのでまた一からかと心底落ち込んだ。

・お盆明けは説明会と筆記の試験を受けた。このまま9月かと絶望に明け暮れてたら電話が来た。最終通ったらしい。内々定もらった。

 

こんな感じの就職活動でした。

しんどかったですね、本当に。

先輩はもう一回就活したいとか言ってました。

ああこの人は頭おかしいんやとしみじみ思いました。

しかしながら、本当に自分との戦いでもあるなあと身をもって体験しました。

自分が一番しんどかったと感じたのは、ESを書くことでした。

どの企業も正直似たような事やってるくせにその会社独自の強みを探し出して

それに対して自分との関連性を持たせるというアレ。

熱意とかいうやつですかね。これが最後まで分からなかったです。

あとは焦燥感から抜け出せないことですかね。

特に8月入ってからはtwitterもみんな内定もらった感じしか出てなくて見るのが億劫でした。

この焦燥感に飲み込まれると本当にしんどい。

でもまあ通ってしまったらそんなもの無くなって周りの景色が明るく見えるので

人間ってのは単純だなと思いました。

 

これからまだまだ続く人もいるのでしょうけどきっといいところがあるでしょう。

諦めない事は大事ですね。

最終局面でしょうけどもう少し踏ん張ってください。息抜きをしながら。

以上回顧録おしまい。

研究するぞ