あと40ねん

社会人になりました

おかしいな

作業も一段落つきそうなところだった。
涙が止まらくなった。

理由を考えても何が原因かわからない。
思い当たる節が多い。先日のあのことか、いや、この前の失敗?
考えれば考えるほど涙が出てくる。
気づけば、過去を振り返っていた。
高校、中学、小学校・・・。
遡れば遡るほど薄れる記憶に答えを求めた。
しかし思い出せるのは仲間と馬鹿したあの日々。
この涙は一体何なのか。
ふと外を見ると、
綺麗な夕焼け空から夜空へと変わっていた。


夜になっても考えるのをやめなかった。
作業は続けたままで涙も止まらない。
どうして、どうしてと考えると余計に目が潤う。
しかし明日は学校だ。
このまま泣き続けてもどうしようもないと思い顔を洗いに行った。
その道中に気づいた。考えるのもやめた。
なんだ、そんなことだったのか。
いままで考え込んでいた自分が馬鹿に思えた。
くだらない。
まぁいい、今夜はカレーだ。
そうして私は作業を続けた。